最強のコピーライティング能力を作る3つの視点とは?

コピーライティング

コピーライティングの能力を身に付けてれば、商品やサービスが売れて、ビジネスが広がってきますよね。
だからこそ、最強のコピーライティング能力を養う方法が検索されて、この文章が読まれています。

売れる文章については、さまざまなアプローチやテクニックがありますが、3つの視点からコピーライティング能力を見ていきましょう。

視点とは俯瞰して見ること

文章は誰に向けて書きますか?

自分の思いを伝えるためですか?

違いますよね、商品やサービスを、それが欲しい人に向けて書いていくことですよね。
それが欲しい人は、本当な何を求めているのでしょうか。

その求めているものを客観的に、そして俯瞰して見ることが実はとても大切です。
なぜでしょうか?

客観的に見ることの重要性

商品やサービスの良さを伝えることはとても大切です。
でも、最初からそれを伝えても、欲しい人には響きません。

その商品やサービスが、自分の悩みをどのように助けてくれるのか。
また、自分の欲求に対して、それを使ったらどんな未来になるのか、が知りたいことです。

つまり、客観的に見るところは、お客様が望んでいる未来、問題解決した未来、欲求が満たされた未来、なんです。
よって、商品やサービスの特徴は正直、読ませる文章の中の一つのパートに過ぎません。

ここを見落としてしまうと、押し付けのコピーライティングになってしまいます。
では、押し付けるとどうなってしまうのか。

自分の考えを押し付けていないか

商品やサービスが良いものであるという自信はとても大切です。
ついつい説明に力が入ります。
文章も溢れるように書きたいことが出てきます。

でもそこに相手視点はありますか?
ここはかなり大切なポイントです。

押し付けの文章には、相手からしたら読む価値がないと判断されるかもしれません。

商品の良さをアピールするは逆効果

アピールするポイントは、商品の良さではないです。

これを使ったらどうなるのか。
どんな未来が待っているのか。
その未来を手に入れるには、この商品がまさにその手伝いをすると思わせることが出来るか。

現状の悩みにフォーカスすると、その悩みを解決したらどんな未来が待っているのか、がアピールするポイントです。
そのアピールを効果的に書き出すコピーライティングをするには、以下3つの視点が必要です。

3つの視点はコレとコレとコレ

3つの視点は、以下になります。

1.相手の心理を読む
2.相手を行動させる言葉が何かを考える
3.文章全体が滑らかに流れているかをチェックする

それぞれどのようなのことなのか、次を見てください。

視点1 相手の心理を読む

何度も繰り返しますが、相手は商品そのものが欲しいのではありません。
自分の悩みをどんな風に解決して、自分が望む以上の未来が手に入ると思って、お金を払います。

相手が何を思い、何を考え、今どんな状態にあるのか、を想像します。
つまり、相手の心理を読むわけです。

その心理を読んで、相手が行動するように、文章を組み立てていきます。
行動を促す言葉とは、どんなものなのでしょうか。

視点2 相手を行動させる言葉が何かを考える

相手の行動を促す、というのは、コピーライティングでいえば、次の章を読ませるということです。

ですから、段落を読んで、次の文章も読みたいと思わせる言葉が重要です。
さらに、最終的な行動としては、商品やサービスを購入することです。

相手が買ってしまう言葉と文章の流れ、これがコピーライティングの最終目標です。
その流れは、滑らかに滑り台効果を作り出しているのか、次にその重要性を書いています。

視点3 文章全体が滑らかに流れているかチェックする

文章同士の繋がり、段落の乗り継ぎ、これが不自然だと文章が引っかかります。
つまり、滑らかではないと、不自然な文章構成になります。

読んでいて、気持ちよくないために、相手はコピーを読んでくれません。
そうなると購買に結びつかずに、途中で離脱することになります。

離脱しない文章を作るためには、これが必要になります。

寝かせて読み返そう

ずばり、書いたらいったん時間を置いて読み返しましょう。
つまり、寝かせると良いです。

高揚感があるときには、文章を書くとどんどんアイデアが湧いてきて、筆が進みます。
書き上がったときの満足感も高く、そのまま後悔したくなります。

ただ、それはちょっとやめた方が良いです。
いったん時間を置いて、冷静になってから読み返すと見えなかったところが見えてきます。

離れてから、見てみる

時間的に離れてみてみる、と上述しました。

これは受験勉強でも体験したことがあるんじゃないでしょうか。
問題を解いていても分からないときに、トイレに行って帰ってきたら、その問題が解けたという経験に似ています。

時間を置いて、ちょっと出かけてみて、帰ってきてから読む、夜に書いたら朝読み返してみる、これだけでずいぶん文章の構成を効率的に見直せます。

お客さんとして読み返す

自分がもしお客さんだったら、という視点で読み返します。
客観視することなので、なかなか難しいかもしれませんが、いったん時間を空けて文章から離れてみて、そしてお客さんになったつもりで読み返してみましょう。

自分が抱えている悩みを、この商品はどのように解決してくれるのだろうか。
自分が望んでいる未来を、理想の形で実現できる商品なのだろうか。

お客さんとしては、この点が一番外せないポイントなはずです。

コンセプトを提示しているか

すでに書いてきましたが、お客さんの問題を解決したり、欲求をかなえたりする唯一無二の商品であること、そのコンセプトが明確であることが、コピーを読ませる一番の勘所です。

コンセプトが明確であれば、商品やサービスの特徴も自然と認知されます。
お客さんもそのコンセプトに賛同すれば、文章を読み進めてくれます。
スムーズな滑り台効果を生むためにも、テクニックよりもコンセプトの提示と一貫性に意識を置いてみましょう。

練習も必要、最強なのは実践

コピーライティングの能力を鍛えるためには、練習も大切ですが、やっぱり実践です。

アフィリエイトはコピーライティングの格好の練習商材です。

ただ、やっぱり一番なのは、自分の商品を作って、それを販売するためにコピーライティングをする方が、実践にもなるし、成果も分かりやすいので 真剣度が違ってきます。

最初はどんな商品でも良いので、まずは自分の商品を作って、自分でコピーを書いてみてはいかがでしょうか。

あああ

関連記事

特集記事

最近の記事

  1. バレない副業ランキング【会社員が取組むべき副業はコレとコレ】

  2. 意外な副業はサラリーマンのスキルが土台になっている理由とは?

  3. 月3万円からの副業は意外とある【自分の身の回りにあるネタを使う】

最近の記事 おすすめ記事 特集記事
  1. バレない副業ランキング【会社員が取組むべき副業はコレとコレ】

  2. 意外な副業はサラリーマンのスキルが土台になっている理由とは?

  3. 月3万円からの副業は意外とある【自分の身の回りにあるネタを使う】

  4. スキマで副業できる会社員の3つのメリット【誰でもゼロイチは可能!】

  5. 45歳定年は実現可能?【サラリーマンの稼げる副業スキルをどう磨くべき?】

  1. 結果が出ない事への焦りはそもそも目標設定が間違っているかもしれない

  2. 趣味をお金に換える副業方法とは?【基本的に誰でもできるが、条件がある】

  3. 3C分析の目的とフレームワークを超優しく解説【これからの起業と副業の差別化】

  4. 3C分析とSWOT分析の違いは何か?【個人起業家の競争戦略】

  5. ターゲッティングとポジショニングの違い【市場独占を目指そう】

  1. スモールスタート起業・副業とは?【MBA的スモールスタート起業コーチ】

  2. 書評まとめ その1

  3. 起業するならMacがオススメ、Windowsはやめておけの納得出来る理由とは

  4. ヒーローズジャーニーの仕組みと書き方、映画の作り方から学ぶプロフィールの作り方

  5. 起業したいけれどアイデアがない時にやっておくべき【3つのステップ】とは?

ランキング

  1. 1

    共働きで転勤を選んでノイローゼになる妻、それが分からない夫

  2. 2

    駐夫(駐在夫)の悩みや苦しみは想像以上かもしれない

  3. 3

    起業のストレスは不安から、その気持ちよく分かりますよ、で、その解決方法は?

  4. 4

    ターゲットセグメントで最強のポジショニングを得る方法

  5. 5

    結果が出ない事への焦りはそもそも目標設定が間違っているかもしれない

TOP